| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |


うさくましています。
キラーパンダ
先日お会いした友人から、なぜか遊戯王カードを一枚いただきました。

キラーパンダでございます。石垣です。

1996年に漫画の連載が開始された「遊戯王」ですが、1982年生まれの僕はちょうど14歳中二まっしぐらの時期でして、本来の意味での中二病というか「子供の遊びから卒業する自分がカッコイイ」という背伸びアピール型の自己顕示に努めておりました。
もしあと4〜5年遅く生まれていたなら「小学生の頃にめっちゃ流行った」だったのかもしれませんが、僕達は「遊戯王カードなんて子供が遊ぶものだ(子供の遊びに興味を持たない自分は大人でカッコイイ)」という感じで、なんだか必要以上に忌避して過ごした記憶がございます。

…そんなこんなで34歳にして初の遊戯王、なるほどパンダがとてもしっかり描かれております。
勘でパンダを描くと九割ぐらいの方は黒い部分を間違えるものですが、

この「キラーパンダ」はしっかりと本物のパンダの資料を見ながら描かれたのだろう、という事が伝わってきます。
(子供向けですし可愛ければ多少違っていても良いと思うのですが、そこを妥協しない所にコダワリの姿勢を感じます…!)

キチンと調べつつもただのパンダにはせず、キラー(殺し屋)に見えるよう紫と紺という色のチョイスも素晴らしいです。
ふつうそういうイメージの時は無駄に返り血を浴びせたり、凶器を目立たせたりして

「わかりやすい残虐性」「強い視覚効果」に頼ってしまうものだと思うのですが、敢えて背中で語らせてコッソリと笹を持たせているのが、想像を掻き立ててすごいなあと思います。
(子供向けゆえに残虐な表現に規制があったのかもしれません、きっとその中でたくさん試行錯誤されたのだろうと想像します…!)

もし僕が「小学生の頃にめっちゃ流行った」世代だったなら、「懐かしい」が先に来てしまってキラーパンダに対してこんな風には感じなかったのかもしれません。
世代が噛み合わなかった者が馴染みのない物に触れてみて感じる事、というのもあるものなのかもしれませんね…!
もしかするとプレゼントして下さった友人には、そういった意図があったのかもしれません。なかなか貴重な体験でございました!


…それはそうと、これで僕も決闘者(デュエリスト、遊戯王カードで遊ぶ人の事)でございます。
キラーパンダ一枚でどこまで戦えるかはわかりませんが、心に遊戯王を刻んで頑張りたいと思います。

鬼畜米英!!



余談

疲れたときは女の子を描くと良い(描いてる最中も、後から見返しても癒されるから)といった旨を拝見しましたので、先日の繁忙期に少しずつ試しておりました。









「向き不向きがある」と思いました。
|22:06| うさくま禁止 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
ねこレスリング

ねこの日でございました!石垣です。

2/22は「ねこの日」という事でして、インターネット上ではねこの写真や動画・イラストなどが各地で多数散見できます。
…というわけで!僕もブームに乗じていくつかねこの絵をご用意してみました。


ねこパンチ!


ねこキック!


ねこ王手!


ねこ真空身体独楽!

…以上でございます。日記の文章を綴っておりましたら日付が変わってしまいましたけれども、皆様のねこの日に僅かでも彩を加えられましたら、何よりでございます!

なお、せっかくなので本日はうさぎとくまをお休みいたしまして、およそ6年ぶりに日記カテゴリ「うさくま禁止」となりました。
その頃の日記を見直してみると文章が短くシンプルなもののキチンと言葉をまとめておりまして、我ながら参考にしなければ!と痛感した次第にございました…!



余談

本日最初の絵とタイトルにも少し入っておりますが、プロレスってアレですよね。「わかってて見ても面白い」。
やらせだとか台本通りだとか、悪い意味合いで「プロレス的」なんて表現を使われてしまう事もありますけれど―…
言ってみれば映画もドラマも演劇も特撮も「台本通り」でございます。
そういう点も折込済みで見て楽しんでもらえるものを作ろうとして、実際に観客が「わかってて見ても面白い」と感じられるエンターテイメントに仕上がっているのですから、それはもう十分に素晴らしいものではないかなと思うのです。

…でも、それらとは真逆の「台本なしの体で売り込んでるけど、実は台本通りでした」というパターンのものは、知ってしまうとすごく熱が冷めるなあ…と感じた次第にございます。

「わかっていても面白い」と、「わかってしまったらつまらない」。
どちらが本当に面白いのか?というのはケースバイケースでしょうけれど―…つまらなくなる危険性が無いものの方が作る側も見る側も安心出来るのかな、と考えたねこの日の夜でございました。



オマケ


ねこキック没バージョンでございます。「タンスの角に小指をぶつける」的なアレでございます。
ぶつかっている部分に赤を入れると「痛そう感」が上がるものの、本当に痛そうな感じになってしまいましたので…控えめバージョンを採用致しました。表現の規制!でございますね。
|00:20| うさくま禁止 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
ビアガーデンには騙されないぞ!
じyがね
昨日はビアガーデンに行って来ました。
…しかし!木曜日だったというのに恐ろしい数の人、人、人…!
札幌ってこんなに人(Human)いたの?と思うほど、本当に満員御礼。
端から端まで往復してみましたが、入り込む隙は全く無し。

残念ですが貴様の居場所はございませんという感じでしたので、もう座れなくてもいいからビールだけでも飲んで行こうか…と、売り場に行くと

ビール(ピッチャー) 1900円

ビアガーデンという魔物に呑まれていれば気にならないのかもしれませんが、残念ながら僕達は魔物に拒まれていたため、量質はそのままにお値段もう一本分!というお酒を前に敵前逃亡いたしました。

uni
気分を切り替えてウニとかモッツァレラチーズのお造りとか食べに行きました。
結果としてビアガーデンには参加出来ませんでしたが、おいしかったので良いかなぁと思います。
|21:04| うさくま禁止 | comments(1) | - | posted by 石垣りょう - -
指輪をくわえた猫
れろん
にゃーん れろれろれろれろ ぱくん がりがり ごりん ぺろ …これは!

今日はウワサの生キャラメルをいただきました。
たしか田中義剛さんのブランドだったと思うのですが、北海道のお土産としてたいそう人気で、購入は個数限定、2時間待ちとかもザラなのだとか。
先日ついに「たくさん買わせろ」と脅迫した29歳男性が逮捕されたというほどの人気っぷりです。

食べてみた感じは「キャラメル味の生チョコ」でした。ふつうに美味しかったです。


ちなみに逮捕された方は1人5個までなのに電話で大量購入を迫り、断られたら「100個買うんだったら30人で行けばいいんだな、バス乗って黒い服着てヘルメットかぶって行くぞ」と脅したそうです。
…100個買うなら20人でいいのに、10人は何をする役だったんでしょう。
行列の横でコントとかをやって、何時間も並んで待ってる人達を少しでも楽しませてあげようと思っていたのでしょうか。
|21:10| うさくま禁止 | comments(0) | - | posted by 石垣りょう - -
たまにはうさくま禁止
せいしゅん
山内くんは何かにつけてすぐロレックスの腕時計を見せて来るので注意して下さい。
高い時計もいいけど、たまには寝ぐせも直そうね!
※僕に山内くんという知り合いはいません。

けっこう前なのですが、友達に誘われて話題の「PSP」と「モンスターハンター」というゲームを買いました。(あわせて3万円ぐらい)
買ったら友達が「やっぱりつまんなそうだから俺やらないわ」と言い出したので、僕の手元には話題の「PSP」と「モンスターハンター」というゲームがあります。(あわせて3万円ぐらい)

社会現象となっているゲーム、どんなものかとやってみますと、本当に「狩りをする」。
大昔の原始人はこういう感じで地道にマンモスとかを倒していたんだろうなぁ…と考えさせられるゲームでした。(あわせて3万円ぐらい)
何万年も昔にすべての人間が体験したであろう、「狩猟」の記憶を呼び覚ます仮想空間。
ブームになった理由も何となくわかる気がします。

あ、でも日本人って農耕民族でしたっけ…
|20:50| うさくま禁止 | comments(1) | - | posted by 石垣りょう - -
| 1/1 |
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.