| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |


うさくましています。
奥付の罠

こんな顔になりました。石垣です。

いえ、先刻より注力しております同人誌、本日ついに入稿を!と思い印刷所のサイトを進んでいたのですが、そこではじめて注意書きに出会ったのです。
「奥付(おくづけ)を必ず記載してください!」
と。

そこには説明もあり、奥付とはアレでございます。

どんな本でも最後の辺りに必ず書かれている、↑これでございます。
この「奥付」が(個人の自費出版であっても)出版責任の所在等の証明となるため、入れないと警察に怒られる事もあるそうです。

つまりは絶対に足さなければならないのですが、すでに完成したページにはそれを入れるスペースはありません。
単純に「奥付」用の1ページを追加すれば良いのですが、本は奇数には出来ませんから2ページ足す事になります…!

…そんなこんなで、完成したと思ったら2ページ描き足す事となり、ページ数が増えると料金も変わってしまうので代わりに外して―…などと四苦八苦しておりました。
アレでございます、ふだんインターネットがメインで活動しておりますで、自分がここまでアナログ媒体に不慣れとは…大変に驚きました。
とはいえ失敗もなかなか新鮮で、良い経験になっているように思います。
まだ30代の身で申し上げるのもアレかもしれませんが、歳をとったからこそ、慣れない事にチャレンジしてみるのが大切かもしれませんね!


オマケでございます。
先に申しました通り「奥付」で1ページ増やすものの、本というのは構造上2ページ追加しなければなりませんで―…せっかくなので「目次」も追加してみました。
ただ30ページちょっとの本に目次を用意しても―…という事でこんな感じに致しましたが、ちょっと失礼かなと思ったので没としてブログにて供養と相成りました。
実際の目次はもう少し失礼の無い感じにしております!
|19:53| なにげない雰囲気 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
スポンサーサイト
|19:53| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








目次の下に「発行日」「連絡先(URL及びメルアド」とか「あとがき(自分のコメント)の最後、数行に「発行日」・「代表者PNとサークル名」・「メルアド・URL」記載でも、最悪、裏表紙に「発行日」と「発行サークル名・サイトURL」でも十分、「発行責任者の連絡先」の記載があるので奥付としての役割を果たせますよ。
そうするとページ数を増やさなくても良いかもしてません。(もう、遅いかもしれませんが)
posted by 名無しの老人 | 2016/10/18 5:52 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://stick-tissue.jugem.jp/trackback/1877
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.