| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |


うさくましています。
立派な割り箸を捨てられない症候群

ございますよね!石垣です。

最近はコンビニのお箸において使い捨てるには勿体無いレベルの立派なものを渡される事がございまして、何だか困っております。

こんな感じで本当に立派というかリッチというかキチンとしたお箸でございます。
最初から割れた状態で恐らくヤスリもかかっておりまして、変な割れ方をしたり、木がポロポロしたり、ささくれがささったりする事もなく…ここまでクオリティが高いと「割り箸を使いまわす」事さえも難なく出来てしまいそうで、なるほどエコで素晴らしい事と感じます…!

…ただ、そもそもキチンとしたお箸は別で持っておりますので…使いまわそうと取っておいても、使い道がなかなか無いのでございます…!
かといってこのまま捨ててしまうのは「勿体無い」と感じてしまうほどのクオリティがありますし、何か良い策はないものでしょうか…?
すべての割箸をこの立派なものに統一して街に割箸回収ボックスを用意、消毒・研磨して使いまわすというのは―…いえ、エコですけれども何だかちょっと抵抗がございますね…。

そういえば数年前に流行した「マイ箸」、もともと間伐(木の手入れ)の際に生じるもので作っていたのに割箸をもらう人が減って、国内の零細企業が潰れてしまい中国産が増えたそうですね。
その結果、間伐(手入れ)は必要だけど割箸としての行き場が無くなり、廃材や未手入れで樹林が荒れてしまっている―…と言われているようでございます。

意識の改革は大切な事ですけれども、きっとエコというのは「自分が良い事をした気分」だけで達成できるものでは無いのでしょうね。
…つまり僕もこの立派な割箸を容赦なく捨てるのがベストなのでしょうか…いやはや、難しいものです…!



「ねこ兄弟」、本日もバッチリ第5話更新しております!
描いた記憶が無いけどたしかに自分の絵…って、面白いなあと思います。



オマケ

ツイッターに載せたものです。


よく見たらテレビゲームの対戦回数が2年で1万2千戦にもなっていたのですが、ツイッターは6年で8千しかつぶやいておりませんでした。
もっとつぶやかねばと思う反面、基本的には「言葉を載せる時は絵も載せる」を信条にしておりますで、なかなか難しいかなと思います…!

ちょっと数えてみましたら、本日2/12時点で「今年描いた絵」はちょうど80枚でした。(お仕事やオモコロ特集で描いた絵はノーカウントです)
多いような少ないような、よくわかりませんがマイペースでやって行けばそれで良いのかなあ、と思いました。


ポエムです。季語はチャゲです。
右半分でウソをつくなと言い、左半分でウソをついています。
でもチャゲが喰われていたのは本当なんですよ。(ウソですけれども…!)



余談


本日最初の絵に入っている文字は最初こういう風に「アシンメトリ」とだけ書いておいたのですが、活動休止してしまった好きなバンド…の、ボーカルだけが再起して活動しているバンドの曲名と同じである事に気が付きまして、「割箸」という文字も付け足しました。
絵自体がちょっぴり説明くさくなってしまったような、上に昔の椎名林檎さんのような感じになってしまったような気もしますけれども…それもまた良し!ですね!
|15:02| なにげない雰囲気 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
スポンサーサイト
|15:02| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://stick-tissue.jugem.jp/trackback/1938
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.