| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |


うさくましています。
面白さが理解出来ないもの

なぞのタイヤ!石垣です。

多くの小学校にあったと思われます「校庭に半分埋まってて、雑に塗装されているタイヤ」って、結局正しい遊び方も真の楽しさもわからないまま大人になってしまいました。
でも今になって考えるときっとタイヤ自体に意味は無くて、幼少期の多感な時期にはそこに何かが"ただ在る"だけできっかけになり、タイヤに座って話したとか、タイヤを跨(また)げるようになって自分の身長が伸びた事を実感したとか、子供たち自身が意味や思い出を作って行くものなのかな、と思います。

…あとはもしかすると古タイヤ業者と教育現場に何か癒着があるとか、遊具を考える人の精神が病んでいたとか、ちょっとアレな理由しか浮かびませんで―…ネットで検索してみても真相には辿り着けませんでしたし、キレイな理由にしておくのが一番かもしれませんね!郷愁!サイヤ人!



前回の日記で「ニンテンドースイッチを買った」と書いておいて本日の日記タイトルはちょっとアレですが、「スプラトゥーン2」も「ドラゴンクエスト」もたいへん楽しく遊んでおります。どちらも話題のビッグタイトル、なるほど話題となるほどの面白さを身をもって味わう事が出来ました!

ニンテンドースイッチにもフレンド機能があるようですので、宜しければお気軽にご申請下さい…!

ニンテンドー3DSから引き継いで、同じMii(アバター)にしました。土器!

そんなこんなで以下は「スプラトゥーン2」初心者なりの体験レポートでございます。









最初に「無理矢理強い人達と戦わされ、煽られる(バカにされる)」というのを受けた時点で辞めようと思ったのですが(気分転換のためのゲームで性格悪い人に絡まれて嫌な思いをしたくないので)、お友達からのお誘いもあるので半ば義務的に、頑張って楽しんでおります…!
|23:41| なにげない雰囲気 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
スポンサーサイト
|23:41| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








懐かしいですね、半分埋まったタイヤうちの小学校の校庭の端の方にもありました!(今もあるのかは不明…)

特に誰かから半タイヤの何たるかを説明されたりはなかったですが、低学年くらいの頃は飛び箱のように飛んだりなどプチアスレチック的な感覚で遊んでた気がします。

スプラトゥーンは動画でしか見たことないですが、あの激しい弾幕の中を自在に動き回れる人は尊敬せざるを得ませんね!

そして何のゲームにせよ通信対戦でアレな人に当たってしまった時の「こちとら純粋に楽しくプレイしたいだけなのに…」という残念な感情の行き場の無さったらありませんね。
posted by ヌーノ | 2017/08/01 1:12 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://stick-tissue.jugem.jp/trackback/2005
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.