| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |


うさくましています。
グルトボイゾン

射!石垣です。

たまに漫画やゲームのキャラクターが何かを斬るとき「斬(ざん)!」というかけ声を発する事がございまして、それはとてもカッコイイと感じるのですけれども、同時に「かけ声として斬(ざん)とは言わなくない?」というツッコミも浮かんでしまいます。
西部劇のガンマンが銃で射撃するとき「射(しゃ)!」と言うでしょうか?
戦国武将がヤリで相手を突くとき「突(とつ)!」と言うでしょうか?
きっと実際には日本のサムライたちも、西洋の騎士たちも、剣で斬るときに「斬(ざん)!」とは言わなかったと思うのです。

…でもきっと、ハンマーやこん棒で打撃をするムキムキマッチョの人たちは

「打(だ)!」と言っていたのではないかなあ、と思うのです。



そんなこんなでスプラトゥーン恐怖症になったので、同時に購入した「ドラクエ」を遊んでおります。





僕は「ドラクエ」シリーズを遊んだのは小学生までで、その後社会人になってから一時期話題になった「ドラクエ9」や「ドラクエモンスターズ」を母と一緒に遊んだぐらいなのですが、それでも最新作「ドラクエ11」はたいへん遊びやすく、とっつきやすく、時間を忘れてのめり込んでしまうぐらいに面白いです。
初めて「ワンピース」や「AKIRA」を読んだ時にも感じましたが、やはり名作と呼ばれる作品には相応の理由があるものでございますね…!
僕はどちらかというと名作とか「みんなが良いと言っているもの」を敢えて避けてしまうひねくれ者タイプとして若い頃を過ごしてしまったので、三十歳を過ぎてから向き合ってみるというのもとても面白いものだなあ、と感じております。
「若い頃に触れておけば…」という気持ちもありますが、老いて触れたからこそ違う感じ方を出来る部分もあると思うので、物怖じせずに色々なものに触れてみたいなあ、と思うのでした。ひねくれの反動!



>ヌーノ先生

ですね!楽しく仲良く元気良く!タイヤにおいても、スプラトゥーンにおいても―…およそすべての「遊ぶ」うえで、とても大切な事です…!
|23:11| なにげない雰囲気 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
スポンサーサイト
|23:11| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://stick-tissue.jugem.jp/trackback/2007
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.