| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |


うさくましています。
38回目

こけし!石垣です。

いやはや寒暖差にやられて寝込んしまいまして、お恥ずかしい限りでございます…!
そういえば完全に風邪をひいているときって呼吸をするたびに「風邪のにおい」がするのですが、母に言っても理解してもらえませんでした。
気になって調べてみたのですが「風邪のにおいがするという人がいる、その多くは刺激臭であるらしい」とか「風邪のにおいがするって言ったら誰にも共感してもらえなかった!」とか書かれているぐらいで、医学や科学に基づいた正式名称とかは見付かりませんでした。

僕が感じるのはインターネットに書かれているような「刺激臭」ではなく、僕自身が健康な時でも風邪の人の近くや内科などで感じるので「自分の鼻の炎症や、薬によるもの」でもなく、明確な「匂い・臭い」というよりも空気中のびみょうな微生物の比率の違いで変わる風味みたいな感じで、外に出て季節の変わり目や晴れ・雨を感じるときに近くて―…「風邪菌のにおい」なのだろうと勝手に思い込んでおりました。
それは僕の想像どおり風邪菌のにおいなのかもしれないし、菌と戦う免疫のにおいかもしれないし、風邪をひいて弱っている人を狙う悪い妖精のにおいかもしれないし…世の中はわからない事だらけでございますね!

ただ確かなのは僕は「風邪のにおい」がわかるという事、そして嗅いだ時点で風邪菌を鼻に入れてしまっているのでだいたい手遅れである、という事です。無意味スキル!



それはさておき本日38回目のオモコロ特集が公開されました!お楽しみ戴けましたら幸いです。

雑学マンガ集「ややこしいコトバ/黙読/クマバチ」ほか




本日最初の絵はこけしがモチーフとなっております。
「こけし」という名の由来は、むかし口減らしなどで子供を捨てたり中絶したりしていた時の色々なアレで「子消し」…というデマが広まっているそうです。
上記の説は1960年に出版された童話で創作されたものだそうで、「こけし」という平仮名が正式名称になったのは1940年、それ以前は地域によってさまざまな呼び名や当て字があったそうでございます。

…でも人の形をしたものって何かと呪術的に用いられる事が多いですし、もしかしたら「子消し」説は本当で、それを隠すために「子消し説はデマである」としていたり―…なんて裏話があったら面白いなあ、とも思います。
残された文献と口伝に既に作為が混じっていたのであれば、真相は闇の中でございますから…パイドパイパー!
|20:56| 業務連絡 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
スポンサーサイト
|20:56| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://stick-tissue.jugem.jp/trackback/2018
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.