| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |


うさくましています。
痩せた魚と刹那の医師

ヘルシー症候群!石垣です。

先日の東京の悪天候が流れて来たようで、昨日の札幌は大荒れでございました!
いえ大荒れというと大げさなのですが、汽車に影響が出たり、割と大きな雷が鳴ったり、コートが真っ白になるぐらいには吹き付けてくる雪とか…何でしょう「慣れてはいるものの、けっこう荒れている」でございました!

僕は自宅作業期間につき悠々―…とはいかず、バッチリ社長に呼び出されて出社してまいりました。真っ白!
しかしまあアレでございます、家に閉じこもっているよりも外に出ているほうが、アイデアの閃きが60%上がる…というお話を伺いましたので、外出は大歓迎でございます!
…どういう根拠でどう60%なのかよくわかりませんけれども、何かそんなお話が先週あたりツイッターに流れておりました。つまり話半分の微妙知識でございます。


ただ最近思ったのですが、ネタ出しはツッコミから生まれる事が多いような気がします。僕の場合、ですけれども…!
まず「何か」があって、それに対してツッコんだり、どうアレンジしたらもっと面白いかとか、そういう形で思い付くことが多いかなあ、と思います。
…といっても「既存の作品」をパクるというわけでは無くて、本当に「何か」です。

たとえばここ数日の悪天候でテレビやラジオが「道が悪くて歩きにくくなっています」といった旨の注意喚起をされておりますけれども、

路面の影響よりも、四足歩行になったほうが歩きにくそう…と思ったりとか、

ゲーム「ポケモン」に「でんげきで いちころ…」というセリフがあるのですが、

電撃よりもポトフのほうが強いんじゃないかと考えたりとか、

上司が「重箱の隅をつつく」という単語を噛みそうになっていたので、もし「つつく」が「ドリル」だったら言いやすかったのでは…?と改善策を考えたりとか(本日最初の絵です)、そんな感じでございます。


やっぱり0から1を生み出すというのはとても大変なことなので、アイデアのきっかけをくれる「何か」と出会う確率は、外に出たほうが上がる…というのは正しいような気が致します。
もちろん家で一人で見る漫画アニメ映画ゲームといったものからもアイデアは得られますけれども、それは誰が見ても同じものなので…「偶然居合わせた人から得られる」みたいなお宝感というか、やっぱりレアアイデアは外にしか落ちていないと思うんです。

それが60%なのか、30%なのか、120%なのかは人それぞれだし、日によっても変わるし、出会った人・物によっても変わるし、すぐに閃かなくてもお風呂やお布団で思い返したときに気付くものもあるだろうし―…。
そういうのすべてを含めて「経験になる」とか「引き出しが増える」とか言う事なのかなあ、と思うのでした。

…そうしますと、僕の昨日の荒天出社は何の閃きに繋がるのでしょう、割と慣れた自然の恐ろしさではございましたけれども、改めて―……ううむ…あっ、帰りに焼き鳥を買って帰ったら母が喜んでくれましたので、それで十分でございましょうか。
閃きも大切ですけれども、勤労も家族サービスも大切なことですから!

皆様もどうぞアレでございます、「ネタ出し」に囚われず普通にお出掛けされるのも良いかもしれませんね!
…普通は「ネタ出し」なんてそんなに意識しない気も致しますけれど―…やっぱりホラ、何だかんだで人生は閃きの連続でございますからして!そういう部分も楽しめれば良いのかなあ、と思う次第にございました。
|20:50| なにげない雰囲気 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
スポンサーサイト
|20:50| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://stick-tissue.jugem.jp/trackback/2073
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.