| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |


うさくましています。
後藤、爆発す!の巻

インパクトのあるタイトルにしてみましたが、後藤という知人がおりません。石垣です。
思いつきで無意味に爆発させてしまった全国の後藤さんにお詫び申し上げます。

土曜は無事飲み会と相成りまして、特にこれといった事もなくまったりと過ごす事が出来ました。「スプラトゥーンのフェスだから」という理由で二次会には行かず、22時くらいに帰宅いたしました。
決してつまらなかったわけでは無くて、無理なく自然に付き合える関係と申しましょうか。こういうのって大事だしありがたいなあと思った次第にございました。ボリショイ!



あと、やっと「リベリウム」というゲームを買えました。

以前「こにょっと。」さんというゲーム喫茶店で遊ばせていただきまして、とても面白いのですが売り切れ続出で…やっと購入することができました。

お写真のとおり結構いいお値段なのですが、どんな人とも気軽に遊べる単純なルールが魅力です。(穴のあいたプラスチック製のカードを引っ掛けていき、崩したら負け)
どんどん流行って生産体制が整って、トランプやウノと同じくらいのお値段になって、ダイエーのおもちゃ売り場とかでも買えるようになって、最終的には粗悪品が百円ショップで売られるぐらいになって―…みんなが気軽に遊べるゲームになったら良いなあ、と思います。



それから「スプラトゥーン2」のフェスも頑張りました。

フェスイベントは「塗り」を競うルールなので、殺傷力の高い「ホットブラスター」から塗りの得意な「わかばシューター」に戻ってみました。
ずっと殺傷力の高いブキを使っていたおかげで相手の倒し方や「勝てない相手からは逃げる」というのが身に付いていたようで、我ながら以前よりも良い動きができるようになっていた気が致します。実感できる成長というのは嬉しいものでございます!

しかし僕一人が少し良い動きになっても、味方との連携が取れなければ試合には勝てません。
上の写真はその例で…遊ばれていない方はよくわからないと思いますが、僕個人はガンガン塗って倒しているけど、味方が倒されまくっているので試合は敗北という感じでございます。
これを「味方が弱すぎるだけだ!」と斬って捨ててしまうと僕の成長はそこまでになってしまうので、どう味方を守って勝利に導くか考えていくのが今後の課題かなあと思うのでした。

ただ、やっぱりこのゲームを遊ぶととにかくマナーの悪いプレイヤーが野放しで、体調への影響を実感できるレベルでストレスが溜まってしまうので…。
発売から半年が経ち、50人いるフレンドのうち3〜4名しか残っていないこのゲームを、自由時間を潰しストレスに耐えながら上達したところで一体何が得られるのだろうか…と考えてしまうのも事実でございます。
…いやはや、娯楽も色々!でございますね。
|17:29| なにげない雰囲気 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
スポンサーサイト
|17:29| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://stick-tissue.jugem.jp/trackback/2092
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.