| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |


うさくましています。
のりのりのりの

割とノリノリです!石垣です。

「モンキーダンス」って手を上下に動かすのがサルに似ているからそう呼ばれているそうですが、実際のお猿さんってあんな動きをされますでしょうか…?よく考えたら北海道は野生のサルがいないので、僕は生のお猿さんが動くところを見た記憶がほぼありませんし―…いえ、そもそもお猿さんって動くのでしょうか…?

冗談はさておき、サルって結構見た目が怖いと思うのです。毛むくじゃらで、顔が真っ赤で、びみょうに人間に似ていて。
きっとはじめて見た人は化物や妖怪の類と思ったんじゃないかなあと推測するのですが、ちょっとお調べしても「サルがモチーフの妖怪や神様」はいても、「サルそのものを妖怪だと思っていた説」は見つけられませんでした。

…僕だったら、前知識無しではじめてサルに出会ったら「化物だ!」と感じてしまうと思います…!
でも前知識無しだったら、きっと大きめのイヌやネコも怖いと感じていたのでしょうね。小さい頃からイラストや写真で知っていたから、現実ではじめて出会った時に怖がらずに済んだのかもしれません。
逆にカンガルーやカモノハシなどはかわいいイラストに騙されがちですが、本物はムキムキだったり毒を持っていたりしますから―…知識を蓄えるのは大切な事ですけれど、やはり実戦に勝るものはございませんですね!

…ただ、前知識があろうと無かろうと、キリンに対しては「首長っ!」とツッコんでいただろうと思います。(でも明らかに大きくて怖いしキックがすごいし、ツッコミはするけどとりあえず逃げるだろうと思います…!)



余談



ツイッターでカワイイねこの写真を載せていた方が、誹謗中傷を受けて更新をやめてしまわれました。
それを受けて別のねこの写真を載せられている方(オモコロのチッチさんのお兄様の奥様)が一石を投じられて、とても納得したのでした。

でもこういうのはツイッターだけに限った事ではなくて、どんな集まりでも人が多くなれば頭のおかしい人が混ざって、みんなから愛されている人が嫌がらせを受けたりしていなくなって、良心的な人が見切りをつけていなくなって、最後は無残なものしか残らないのです。(もちろん最後まで残る良心的な人も、僅かにはいらっしゃるでしょうけれど―…)
流行のSNSはもちろん、ネットの掲示板もゲームも、現実の集まりでも、そんな風に「残念な奴が来たせいで良い人がどんどん抜けて行って、集まり全体が残念になってしまった」事って、ままあると思うんです。
とても悲しい事ですけれど、僕たち一般層が出来る事は「残念な奴が来たら、気分を害される前にとっとと逃げる」と「いつかどこかで良い人と再会出来る事を祈りながら次に行く」ぐらいでしょうか。
…これはアレかもしれませんね、ヒトという生き物の運命なのかもしれませんですね…!
|23:15| なにげない雰囲気 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
スポンサーサイト
|23:15| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://stick-tissue.jugem.jp/trackback/2110
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.