| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |


うさくましています。
さよならはいわない

宇宙のどこかで!石垣です。

つい先日、ツイッターで5年ぐらいなかよくして戴いたとりのささみ。さんがツイッターを控えめにされてしまいションボリしております。サブアカウント2つも削除され、何も語らず、ただ描いた絵を載せるだけの方となられてしまいました。
日記を拝見する限り原因はだいたい僕がこの前しょんもりしていたのと同じで、もしかするとそれだけじゃなく僕自身がしょんもりして攻撃的になってしまった事もさらに拍車をかけたのかなと思うと大変申し訳ない限りです。

皆を癒してくれる人というのは現実でもインターネット上でも、どんな場においてもとても大切な存在です。
でも、大抵の場合「癒し」は自分自身には効きません。その「癒してくれる人」は誰が癒すのでしょう。

僕が昔インターネットのゲームをしていた頃、「ヒーラー(回復役)から死ぬパーティはリーダーが悪い」というのが通説でした。みんなを癒してくれる人こそが一番重要で大切なのだから、キチンと守らないといけない。それが出来ないのはリーダーの采配が悪いのだ、と。
でも、いまインターネットでその通説を検索すると真逆の、「勝手に死ぬヒーラーが悪い」という論調のものばかりが出てきます。本当は上の通説の正しい文言を探したかったのですけれど…ホントに真逆しか出てこなくてすごくビックリすると同時に、ああ、これなのかなあ、とも思いました。

要するに「癒してくれる人」の事を考えなくなったのでしょう。キチンと俺を癒せ、お前を守る事はしないけど勝手に死ぬな、ずっと俺を癒し続けろ。それが出来ないならやめちまえ…そんな人が増えてしまったのかなあ、と。
サンプル数が少ないので言い切る事はしませんけれど、癒してくれる人・楽しませてくれる人からどんどんいなくなってしまうのは―…結局そういう事なのかもしれませんね。
もちろんキチンと(というか、普通に生きていたら当たり前の事だと思うのですが…)「癒してくれる人」への感謝を忘れない人もたくさんいらっしゃるとは思うのですけれど…何でしょうね、難しいお話ですね。





それはそれとしてテレビ朝日様のauヘッドラインというサイトでまんがの連載が続いております。

どうぶつ妄想日記

お楽しみ戴けましたら幸いです!





びみょうに色違い!



オマケ



前にツイッターを見て怒った時に描いたけど、怒りばかりになってしまうので止めていた絵です。本当はもっと風刺というか、世間に蔓延する怒りに対する怒りのような事が書いてありました。
たぶん僕は世間一般に広く周知される悪党よりも、悪党に対してならば正義の名の下に何をしても良いという思想の中庸を自称する小悪党どもをこそ斬って捨てて首を並べたいのですが、それももう疲れてしまいました。ひじき食べたい。
|22:48| なにげない雰囲気 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
スポンサーサイト
|22:48| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://stick-tissue.jugem.jp/trackback/2137
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.