| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |


うさくましています。
驚愕のしくみ
先日、お得意先の営業さん(関西出身)から、かわったものをいただきました。

ちょっと反射してしまいましたが、トマトケチャップのようなチューブに味噌だれのようなものが入っておりまして、パッケージには『つけてみそ かけてみそ』と書いてあります。
営業さんは今年から札幌勤めになったのですが、北海道にこの味噌が売っていない事に大変驚き、地元から箱で送ってもらっているのだそうです。

関西に住む知人数名に聞いてみたところ、やはりそちらでは非常にメジャーなもので『北海道でいうジンギスカン鍋みたいな物で、どこの家庭にも絶対あるよ』との事。
北海道民としてはジンギスカン鍋はどこの家庭にでもあるような物では無いと思うんですが、とりあえずそのぐらい象徴的で、食卓に欠かせない存在のようです。

して、お味の方はと申しますと…味噌です。ええ。味噌。味噌は味噌以外の何物でも無いと申しますか、とにかく味噌でございました。
面白い味がするとか口にあわないとか、そんな事は一切なく、ただひたすらに味噌なのです。キュウリとかには良いかもしれません。
ただ、あまりにも味噌ですので、見本のように『サラダや目玉焼きなどに』使いたいとはちょっと思えませんが…これは馴染みの問題なのかもしれませんね。

地域限定商品、其れ即ち食文化の歴史…日本国内でここまで違いがあるとは。うーむ、深いです…!

『おたふく風邪になった食ぱんまん』
|18:14| たまにコピーライト | comments(0) | - | posted by 石垣りょう - -
スポンサーサイト
|18:14| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.