| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |


うさくましています。
ばっとう

居合いという技法は、基本的に鞘に刀を入れたまま。
斬る時だけすごい勢いで抜刀して、斬りつけるのだそうです。
よくわかりませんが、普通に刀を出していたほうがはやく斬れるのでは?と、ずっと思っていました。

ある時「居合いの剣速は、デコピンの要領と同じ」という説明を受け、とても納得できました。
たしかに普通に振るよりも、デコピンの方が圧倒的にはやく指を振れます。
…原理は理解できたのですけれども、何となく腑に落ちない部分もあります…!


ちなみに実際の「居合い」という武術は「至近距離だと鞘に収まった刀は不利!そこからいかに相手を討つか!」みたいな感じで生まれたものだそうです。
流派もたくさんあり、刀を抜かない居合いや、座ったままの居合いなど、色々あるのだとか…
どうにもコンニャク以外何でも斬れるアレのイメージが強いですけれども、現存する武術というのは、やはり奥が深いものですね…!



>石垣先生がこんなにがっつり下ネタで終始なさるのはめずらしいですね先生
僕もけっこう悩んだのですが、どうしてもこの想いを記さずにはいられなかったのです…!
他の事も書いてしまうとせっかくの下ネタが薄れてしまうので、下ネタのソロ演奏となりました。

>きなこ先生
たまには下ネタもいいかなあと思いましたです。時には娼婦のように、でございます…!
胎教に良いサイトを目指していたはずなのですが…!
ちなみに北京にはチェンコ料理専門店があるのだそうです。流石は中国…!

>とっても癒されました!シュール且つシンプル且つ可愛い且つダークサイドなうさくま達大好きだぁあああvvこれからも頑張って下さい!先生
なんだかお褒めの言葉をたくさんいただきまして、大変恐縮です。
僕は調子に乗るとロクな事にならないので、ほどよく頑張りたいと思います…!
|22:49| なにげない雰囲気 | comments(1) | - | posted by 石垣りょう - -
スポンサーサイト
|22:49| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








石垣りょう様

私がお侍さんだったら、を想像してみたのですが、刀を上手く収められず、ぶっちぎり落ちこぼれになっていたろうなぁ、と思いました。
落ちこぼれたら、お百姓さんに雇っていただく道も有りですね!
posted by Heave | 2020/03/22 11:25 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.