| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |


うさくましています。
ラーメンのなぞ

謎でございます!石垣です。

クーポン冊子やホームページに掲載されているラーメン屋さんの店主さんってだいたい皆様黒いTシャツで、タオルを頭に巻いたり首にかけたりして腕組みをされておられますよね…!
いえ大変暑い職場でしょうし、服装(制服)は大汗をかいてしまう事へのケアだろうという事は重々承知でございます。ただ、腕組みをされているのが謎でございます…!

インターネットで検索してみましたが明確な理由は見当たりませんでしたので、「ラーメン協会で決められている」みたいなものでは無さそうです。
もしシェフや板前さんが腕組みをしていたらちょっと怖そうに感じてしまうでしょうし―…逆にラーメン屋さんが棒立ちでは何となく人が良さそうに見えてしまいそう、という事でしょうか。
やはりラーメン屋さんというと何となく「気の強い職人」感がありますし、絵的に良く見える(似合う)ポーズを、という事なのでしょうか…!

ホームページやクーポン冊子では載せられた写真からしかお店の情報を得られませんから、ラーメンそのものの写真はもちろん、店主の写真も大切ですものね…!
きっとラーメン屋さん達も考えに考えて、一番写真映えのする"ラーメン屋店主のポーズ"として「腕組み」が浸透していったのかな、と結論付けるに至った金曜の夜にございました…!


なお画像で検索すると本当に8割ぐらいのラーメン屋さんが腕組みをされていらっしゃるのですが、中にはどうも締まらないというか、腕組みが下手な方がいらっしゃいます。
いえ「腕組みが下手」というのも意味がわかりませんが、実際に「ラーメン 腕組み」とかで検索してたくさんの腕組みが並んでみると、そこにはたしかに腕組みの優劣が…美醜が感じられるのです…!
まったく同じ体制を取るだけで差が出てしまうならば、それは心の差なのかもしれません。ラーメン屋さんとしての風格や自信が、ポーズににじみ出てしまっているのかもしれませんね…!

…いえ、単に腕組みをし慣れていないとか、体格や腕の太さが影響しているだけな気もしますけれど…!



そういえば先日購入いたしました「ファイアーエムブレムエコーズ」というゲームを、ささやかに遊んでおります。

詰め将棋的なゲームを普通に遊んでブログに書いてもアレなのと、もともとファミコン版を遊んだ事のあるゲームなので、上の写真の「バルボ」というおじさん以外の仲間を皆殺しにして遊んでおります。

(※「セリカ」という人は主人公なので存命しています)

バルボおじさんは能力にクセがあるのと、ゲームの難易度を「ハード」にしてみたので、将棋で喩えるなら王と桂馬だけみたいな感じで、何度もゲームオーバーになりながらなかなかの手ごたえで楽しめております。

…ただ一点だけ問題がありまして、実はこのゲーム男女2人の主人公を同時に進行する物語でございます。
バルボおじさんは女主人公チームでして、そこに「バルボおじさん以外は皆殺し」となると

男主人公「アルム」は、完全に一人旅となってしまいました。将棋で喩えると王だけでございまして、むしろこちらのチームの方が何度もゲームオーバーになっております…!

割とふつうに楽しんでいるのですが、発売したばかりのゲームなのでネタバレ的なものは書きたくないなと思いまして…たぶん次ブログに書く時は「無事にゲームクリアしました!」になるかなと思います。…これでは日記のネタになりませんですね…!
|21:04| なにげない雰囲気 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
猛獣テンプレート

呪いアンド呪い!石垣です。

特に絵に意味はございません…いえ正確に申しますと、たしか何かを呪いたいぐらい怨んでいた時に線画まで描いた記憶があるのですが、最近たいへん心穏やかなもので何を怨んでいたのかサッパリ忘れてしまったのでございます。
つまり 何かを怨んでいた僕(線画) と 心穏やかな僕(色塗り) によるコラボ作品なのですが、出来映えはふだんと特に変わりませぬ。無念でございます…!

何だか先日からほんとうに心が穏やかで、何故だろう…と考えておりましたが、結論が出ましたのでご報告させて戴きます。









…という感じでございました。
漫画内にも書きましたが、負の言葉って(自分宛で無くても)目に入り続けていると影響があるんじゃないかなあと思いまして、それを断ってみたらすごく気持ちが軽くなりました。
負の言葉を漏らしてしまう事があっても全然いいと思うのですけれども、ずーっとそればかりだとアレですし、影響を受けて僕まで負の言葉を振り撒いて連鎖させてはアレでございますから、気をつけねばと思う次第にございました。
(※なお念のため補足させて戴きますと、2月頃にお話いたしました「LINEで陰口が多い、地元の趣味の集まり」の方でしたので、もうほぼ完全に繋がりは無くなった感じでございます…!)




そういえばお話は変わりまして、インターネットが発展したおかげであらゆるジャンルにおいて定石・テンプレ・レシピの共有・発展が早くなったのは素晴らしい事だと思います。
でも何らかの理由で「それら」が出来なくなった時に代案を自分で考えられず文句を言うだけの層とか、「それら」から外れた独自のやり方の人を地雷呼ばわりする層がたしかに生じているのは残念な事だなあ、と思います。

ネット上のテンプレって、あくまで「誰か(達)が見つけた暫定のベストのひとつ」に過ぎないと思うんです。
知っておく事は大切だけど、盲従するだけならそれはもう「自分」がやる意義が無くなってしまって…超えるものを考えるとか、添えて/対してベストな物を探すとか、自分フィルターを通して大なり小なりアレンジしてみる事こそが、「自分」がそのジャンルに触れる上で一番大切な事なんじゃないかな、と思うのです。

もちろん誰か(達)が見つけたものを超えるというのは簡単な事ではなくて、自分が手を加える事で失敗してしまったり、試行錯誤の結果もとのテンプレに戻って来てしまったりする事も多いでしょう。
でも深く考えずテンプレに従うだけなのと、考えた結果テンプレに落ち着いたのとでは、得られる経験は大きく異なるものです。
「失敗も楽しむ」とか「負けから得る」…とか言うと何だか啓発文みたいですけれども、どうせ"何か"に興じるなら成果だけを求めるのではなくて、過程からも色々得られたほうがお得なんじゃないかなあ、と思うのです。


…ただ「とにかく目先の成果が欲しいだけ」なら、変にアレンジを加えず素直に従った方が良い事もある、と思います。
たとえば「料理なんか全然しないけど見栄をはってしまい、手作りケーキを友人に振る舞う事になった」なんて時は、経験とかよりもとにかく自分に出来そうなレシピを探して無難なケーキを作り上げる事のほうが大切ですもの…!
やっぱりこういうのはアレでございますね、ケースバイケース…状況に応じて使い分けられるのが一番でございますね!
|22:24| なにげない雰囲気 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
はだかの代償

シンゴー、シンゴー、石垣です。
タイトルは「はだかの大将」に濁点をつけてみただけで、特に他意はございません。全裸の何が悪いんだ!

土日にかけて妹様がお泊まりにいらっしゃいまして、インターネット上に登場する隙が一切無いぐらい大わらわに過ごしておりました。
ただ僕も母もまだ風邪が長引いておりまして、妹様に感染していないかが心配です…!
職場の社長もまだ風邪気味でいらっしゃいまして、もう十日ほどになりましょうか…ウワサには聞いておりましたが、今年の風邪は本当に長引くようです。皆様もお気をつけ下さいね!



そういえば、ミサイルはどうなるのでしょうね。
地震の予知とは違ってキムさんの采配次第で現実になり得る事なのですが、どの程度本気で心配すれば良いのか、どの程度楽観視して良いのか…何とも難しい感じでございますね…!

テレビでけっこう放送されているからでしょうか、ネット上よりも現実でご年配の方が心配されているようでございますね。
職場の社長も「ミサイルどこに落ちても商売に影響出るな…」と深刻そうでしたし、仕事帰りにスーパーに寄ったらおばあさんが2リットルの水を6ダースも買って、店員さんに運んでもらっていました。(ミサイルは関係無く、ただ買っていただけかもしれませんけれど…)

…まあアレでございます、こう申し上げるのもアレですけれども、なるようにしかなりませんで…。
万一非常事態になった時も、近くに飢えた子供が居ればスタイリッシュにおにぎりをわけてあげられる大人であらねば、と。思い直して絵に描いた次第にございました。
あ、いえ、決して偽善で申し上げるわけではなくて―…非常事態なれば一飯の恩は生涯記憶に残るでしょうから…なるべくスタイリッシュかつエレガントなポーズで、その子の記憶に刻まれたいな、と…!



あと話題はまったく変わりますが、インターネット上で「メカクレ」という文字をたまに拝見しまして、



こういう感じかなあと思っていたのですが、



ちょっとお調べしたらこういう感じでした。


(※最初くまの目線を入れ忘れておりましたので、修正しました…!)
|21:16| なにげない雰囲気 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
心の声

心も内臓の一種と考えるなら、腹の虫も心の声でございますね!石垣です。

思わせぶりなタイトルですが特に何と言う事はございませんで、単にそろそろ熊が冬眠から覚める時期だなあ、さぞかし飢えて痩せ細り、面白いおなかの音がしているのだろうなあ…というアレでございました。


そしてこういう話題って触れたらアレかもしれませんけれども、戦争が起きそうではございませんか。
僕は軍事も政治もよくわかりませんしテレビで報道されている範囲でしか存じませんので、戦そのものについてシロウト語りをするつもりは無いのですが、ただただ動物について色々考えておりました。

前回の戦争の時は動物園で「戦時猛獣処分」というのが行われたそうでございます。
内容は読んで字のごとく…エサの用意も難しくなりますし、飢えた猛獣が脱走したら超危険でございますものね…!
…ただ、人を襲った熊を射殺した猟師さんにまでクレームが行く今の世の中では一体どうなるのでしょう…?
まさか「戦時中は飼育員に代わり、動物愛護団体が飼育を引き継ぐ」なんて事はしないでしょうし…!

何より北海道は熊でございます、羆(ひぐま)でございます。
ひぐまの推定生息数は推定2000〜6000頭(2013年度調べ)だそうで…過去の戦争において戦時中に熊に殺害されたという記録は見つけられませんでしたけれども、ただでさえ近年市街地まで進出する熊が増えておりますし、山に逃げ込んで飢えた熊さんに出会ったらアレですよね…!

…などと、考えれば考えるほど不安になってまいりますで―…本日は考えるのをやめる事といたしました。現実逃避!


そういえば、昔読んだお話にこんな内容のものがございました。
記憶喪失の主人公が色々な人と出会いながら過ごすのですが、なぜか国の重役と顔見知りだったりして、最終的には国の暗部に触れて行く…というストーリーでございます。

オチとしては、実は主人公も国の重役でございました。
物語が始まる前に大臣が乱心して国を滅ぼす兵器を起動しており、主人公は大臣を阻止しようとしていたのでした。
しかし健闘むなしく兵器は発動してしまい、生き残ったのは大臣と、阻止しようとしていた主人公&同僚一人だけ。
物語中に出会って来た人達は全員自分が死んだ事に気付いていない幽霊で、生前と同じように活動していた…というお話でございました。

なるほど確かに「自分が死んだ事に気付かず、生前と同じように過ごす幽霊」という怖い話はままございますし、このお話のように国ひとつが一瞬で滅べば、国全体が死んだ事に気付かず生前と同じように過ごす…という事も、有り得るのかもしれませんね。
…いまこのタイミングで思いだして語るのは、いささか不謹慎かもしれませんけれども…!



そういえばお話はサッパリ変わりますが、以前このブログで「タクティクスオウガ」というテレビゲームを遊んでいた時にプレイ日記と申しましょうか、ゲームの経過を記していたのですけれども、最近購入いたしました「モンスターハンターダブルクロス」の経過も記して欲しい、というご要望を戴きました。
僕としては日記のオマケでありながらも日記を書く動機にもなるので是非やりたいなと思っているのですが、「モンスターハンター」はなかなかハードなアクションゲームなので写真を撮るのが難しいのです…!
文字だけで「今日は○○というモンスターを倒しました!」と書いても面白くないでしょうし、かといってゲーム中の写真を撮ろうとすればカメラを構えている間にやられてしまうので、なかなか難しいものでございます…!

代わりといっては何ですが、本日発売の「ファイアーエムブレムエコーズ」というテレビゲームを購入しまして、こちらは詰め将棋のような戦略ゲームなので落ち着いて写真を撮影出来ますので―…と思いましたが、詰め将棋を日記に載せても面白さが伝わりにくいのが難でございます…!


そんなこんなで未定ではございますけれども、せっかくご要望を戴いたので何かしらの形で書けたら良いなあ、と思っております。テレビゲーム!
|22:37| なにげない雰囲気 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
東日本ぐったり同好会

ぐったりしておりました!石垣です。

いえ先週は社長が風邪をひいており、土日は母も風邪をひいており、僕は元気!…と過ごしていたつもりが月曜にいっきにまいりまして…。頭痛と鼻炎と戦いながら働き、帰宅後は食事とお風呂を済ませて倒れるように眠りました。
今朝目覚めたらスッキリ治っておりましたので、勤務中以外につらい思いをせずに済んだのがせめてもの救いかなと思います。「具合いが悪すぎて眠れない→翌日睡眠不足でさらにつらい」というのは厳しいですし…!

…しかし今シーズンは衣類も寝具も体温調整はバッチリで乗り切ったつもりだったのですけれども、周囲に風邪をひいた人がいれば伝染してしまうのも仕方ない事なのかな、と思います…。
もちろん伝染らない時もございますで、何と申し上げてよいか悩みますけれども―…アレでございますね、なるようになる!
皆様もお気を付けて…もダメな時はございますので、ダメな時はダメな時なりにベストな道をお選びになられますよう!



ほんとうに悲しかったので描きました。



念のため申し上げておきますと僕は「思想」ってそれぞれでよいと思うので、特定の政党がどうこうという話ではございません。
ただ政治・宗教・野球ってとても繊細な話題で、扱いに細心の注意をはらわなければならないのに、友人がとても軽率に、雑に押し付けて騒ぎ立てるような扱いをする人間になっていた事が、ただただ悲しかったのでございます…。

その友人のプロフィールやタイムラインへの投稿は色んな意味で4コマにもこのブログにも書けないものがたくさんありまして、ヒステリックというか「明らかに言動がおかしい」レベルでしたので、ネットか何かで一時的に毒されて取り乱してしまっただけで、いつか正気を取り戻してくれるのではないかなあ、とも思っています。
(※思想や支持する政党が変わるという意味ではなく、取り乱さず節度を持った話し方が出来るようになる、という事です。)

そう思いつつもう2年ほど経ちますが回復の兆候はありません。…桃栗3年と申しますし、人はもう少し時間がかかるものかもしれませんね!
政治・宗教・野球に限らず、皆様も信じるもの、好きなものはおありの事と思いますけれども、どうか正気を失わず…あなたの狂信があなたの信じるものを貶める事無きよう!

…とはいえ大半の方は節度を持っていらっしゃいますからこんな事を申し上げるのも無用と存じますし、おかしくなってしまった方には言葉が届かないのでこれまた無用でございまして―…いやはや、なかなか難しいものでございますね…!
|23:06| なにげない雰囲気 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
忍法 電波障害

※上の画像は下半分真っ白です。石垣です。

お部屋の模様替えを致しましてパソコンを1メートルほどルーターから遠ざけたら、電波の表示が5本から3本になりまして…!
よくわからないけれど3本もあれば大丈夫だろうと思っていたのですけれども、見事ダイヤルアップ接続かという感じで、上の絵のように画像の下の方が表示されないレベルになってしまいました。
スマホ・ゲーム機・ノートパソコンは快適に動きますので恐らくルーターなどに問題はなく、完全にこの作業用パソコンを動かした位置が悪かったようでございます…!

もう一度模様替えを考え直さねばなりませんが、とりあえずしばらくは3本で頑張りたいと思います…!
いやはや遠くなった距離自体が問題なのか、何か妨害する電波と重なってしまっているのか、電波というのは目に見えませんでよくわかりませんけれども―…コードレスはとても便利ですが、こういった不都合もあるものでございますね…!
時節柄皆様も模様替えやお引越しをされる機会はおありかと思いますが、目に見えぬ落とし穴に引っかからぬよう…どうぞお気を付け下さいね!
何だかんだで有線(線でつなぐ形式)、目に見えて触れるものは強いのだなあ、と痛感した次第にございました…!



オマケ

上の絵は「画像がなかなか表示されない」をイメージした絵なので、下半分はずーっと真っ白でございます。
「数秒経ったら全部表示される」形式にも出来るのですが、いちいちお待たせするのもアレですので…下に白くない絵も置いておきますね。





忍術、絶望、そして脚立!
|15:47| なにげない雰囲気 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
ココロヤスラグ
突然ですが、メイキングでございます!









…という茶番でございました。石垣です。

絵のメイキング…make(作る)+ingといった意味でしょうか、五月の帝王MayKingさんとは関係無いようですし、五月の帝王とは一体何なのか、その存在は不明でございます。
ただひとつ確かに申し上げられます事は、北海道は本日突如極寒の地と化し地域によっては25cmもの積雪があったそうでして、明日木曜はもっと寒いそうでございます…!
さらに明後日金曜は15℃ほどまで暖かくなるそうで、急激な寒暖差で体調を崩し土日をガッカリして過ごす事になるのではないか、と危惧しております…!

これは復活の冬将軍、たしかにトドメをさしたはずの貴様が何故…!というスペクタクルにございますで、ほどよくあたたかくして何とか土日を健康的に過ごしたいなと思うばかりでございました…!
皆様お住まいの地域はご無事でしょうか、どうぞ体調管理にお気を付けてお過ごし下さい…!





パソコン離れの4コマ漫画を描きました。


…という感じでして「若者の○○離れ」、ついにパソコンでございます!
今の新卒の方々(今年23歳とすると、1994年生まれぐらい?)の親の世代にパソコンを持っていない層が多く、幼少期からパソコンに触れる機会が無かった…とか、さらにスマートホンの普及でますますパソコンを所持する必要が無かった…とか言われておりますけれども、明確なデータは見つけられませんで真相は闇の中でございます。

ただそれよりも面白いなあと思ったのが、今まで「若者の車離れ」とか「若者のお酒離れ」とか言われる度に「何でもかんでも若者のせいにするな!」と反論されていた方が、パソコン離れについては「パソコンを使えない若者が悪い!」という側についているケースが見受けられる事でございます。
これはもしかすると「若者」の世代交代―…そう、「パソコンから離れた若者」を批判する側に立ってしまった時点で、もう「若者」から外れてしまったのではないか、と。
さんざ嫌っていたはずの「若者の○○離れ」などと言う大人達に、自分がなってしまったのではないか、と…!

そう感じてしまった手前「パソコン離れ」を責められない…というわけではありませんが、僕自身はけっこうどうにでもなる事なのではないかなぁ、と思っています。
だってホラ、「よほど好き」か「必要に迫られる」か、何かしらの目的がなければ、学ばなくて普通じゃないですか。パソコンは安いものではありませんから尚更…好きでも無い、必要も無いと来たらわざわざ買わないと思うんです。

僕の世代も皆が皆パソコンを使えたわけではなくて、高校卒業が2000年で「IT革命」が流行語になり、大学でMEを買わされそうになり、パソコンを使う授業なんて週に1回…というレベルでしたもの!
専門学校でCGを叩き込まれましたが、自分のパソコンを買ったのは22歳の初任給。ブラインドタッチの練習をしたのは25歳。ワードとエクセルを学び始めたのは事務を任されるようになった27歳です。
そんな僕らでもどうにかなっているのですから、今の「若者」の皆さんだってきっと大丈夫だ、と思うんです。


ワードもエクセルもWEBデザインソフトもスマホ版が出ていますし、カメラで書類を撮影すると文字内容を読み取って文書ファイル化してくれるソフトもございます。漫画に描いたような「パソコン時代の常識」を取っ払う存在が出て来る可能性だって十分にあって―…それがすごく楽しみなのでございます。
もちろん現代社会においてパソコンがどれほど重要な存在であるかは存じておりますので、軽々しく申し上げるのはアレかもしれませんけれど―…「若者のパソコン離れ」は、むしろ離れて欲しい。パソコンの「次」を創って、進んで行って欲しい。…そんな風に考えてしまうのでした。
(そもそも「パソコンの次」を作るのにパソコンが必要な気もしますけれど―…それはそれとして!)
|23:56| なにげない雰囲気 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
ささやかな午睡

ささやかでございます!石垣です。

午睡(ごすい)とはお昼寝の事でございますけれども、決して仕事中に居眠りをしていたわけではございません。
ただ本日は起きたときから、何と申しましょうか―…庭園で昼間からまどろむ事を許されたような、不思議な安堵に包まれて心落ち着いております。
特に良い事があったわけでも無いので、きっと脳内でそういうホルモンが多く分泌されているのだろうなと推測しますが思い当たるフシもまた特に無く、晩ごはんに食べた水菜が良かったのだろうか、それともデザートとして購入した焼きエビだろうか…とか、理由無き安堵の理由を探しています。
(※念のため申し上げておきますが薬物の類は違法も合法もサプリメントも摂取しておりませんし、体調も睡眠時間も特に問題ありません)

でもまあアレでございますね、生きていればどうしても何がしかのストレスに苛まれてしまうものですから、理由も無く心落ち着く日があっても良いのかな、と思います。
…もしかしたら気付かないうちに日々のストレスが溜まっていて、脳が強制的に安らぎホルモンを分泌してくれているのかもしれませんし…!
理由はサッパリでございますけれども、無理に荒ぶることはせず―…本日はこのまま穏やかに過ごそう、と。思う次第にございました。



まったく別のお話なのですけれども、隠居した人は自分が前線を離れた後の世界を、どう思うのでしょうね。
ビシッと一切関与しない人もいれば、俺が居た頃は…なんてグチグチ言いながら眺める人や、隠居と言いつつ手を出してしまう人もいたり…人柄はもちろん、環境や状況によってそれぞれなのかもしれませんね。

僕は可能であれば、口を出さずに眺めていたいなと思います。
僕が頑張って来た世界が、僕自身が居なくなって、僕の事も功績も知っている人がいなくなって、その後どうなって行くのか。
ずっと張り付いて見ていたい!…という程の執念があるなら隠居なんかしない方が良いと思うので…そう、「たまに」。繁栄と終焉を見られたなら、それでとても幸せな事かな、と思うのでした。

…と心穏やかに徒然と綴っておりましたが、学生時代のアルバイト先がローカルニュースで報道されるレベルの負債抱えて倒産して、お世話になった方々が何名か亡くなられた事を思い出してしまいまして―…ちょっとアレでございました。徒然もそこそこにすべきですね…!
|22:58| なにげない雰囲気 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
しあわせづかれ

つかれました!石垣です。

先日土曜は先週に一週間まちがえた友人とのスイーツでございまして、無事ランチパーティしてまいりました。

まずは午前11時半に集合し、テレビやネットでも取り上げられている有名なローストビーフ丼屋さんへ!


完食後30分ほど歩き、12時半にスイーツ屋さんへ!


そのまま1時間半ほど歩いて14時半頃地元へ帰還し、寂れた電気屋さんでニンテンドースイッチを発見、友人とそれぞれ購入!


という感じで約3時間におよんだ34歳男性2人旅、丼物を食べて、甘味を食べて、約4キロ歩いて、なぜかお互いニンテンドースイッチを買う…という、波乱に満ちたランチ大会となりました。

帰宅後はさっそく購入した「ニンテンドースイッチ」と「ゼルダの伝説」をセットで母にプレゼントしまして、遊びに来た妹様と一緒に晩ごはんを食べて―…18時にはまぶたが重くて半分寝そうになっておりました。
すぐにでも寝てしまいたかったのですが、別の友人から「モンスターハンターダブルクロス」のお誘いがかかりまして…半分どころか85%ぐらい寝ながら深夜2時までインターネットで狩猟に勤しみ、眠りました。


お休みの日に遊んで歩いて「疲れた」などと申し上げるのは贅沢なお話かもしれませんけれども、こうして色々な人や物と触れ合って疲労するのは、幸せな疲れ方というか…ありがたい事だな、と思います。
…いえ、疲れたのは強風と小雨の中、出したばかりの夏靴で4キロも歩いたという移動方法が原因な気もいたしますけれど―…それも青春、でございますね!



余談となりますが、最後の「モンスターハンター」で遊んだ事は本当に眠くてほとんど覚えていないのですが、チャット用のグループLINEに僕の発言がしっかりと記録されておりました。

なぜかマルシアさんの写真を投下しまくっておりまして、スマホのデータフォルダにも大量のマルシアさんの写真が保存されておりました。(※マルシアさんは「モンスターハンター」に登場するわけではないので、何の関係があるのか自分で見直してもよくわかりません…)
…いやはや、疲れているときは何をするかわからないものでございますね…!皆様もお気をつけ下さい!
|15:16| なにげない雰囲気 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
バイドボイド

紳士肌着!石垣です。

冒頭から下着の4コマまんがで恐縮ですが、インターネットでは変わった商品が発売されると大きく拡散される事がございます。
コーンポタージュ味のアイスキャンデーなど奇をてらった商品もそうですが、純粋にアイデアやデザインに優れた商品も話題となる事が多くございまして、その中で衣類の話題の時って、だいたいが女性向けなのです…!

いえ厳密に言えば、女性用衣類の時は
・デザインが良い
・ギリギリでコスプレっぽいけど、私服に出来る

という感じで話題になる事が多いのに対して、男性用衣類の場合は
・ネタ系
・完全にコスプレで、私服にすると頭がギリギリの人だと思われる

といった形で話題になる事が多くございまして、おじさんの僕としては女子はいいなあ…と羨むばかりでございます。

そんなわけで、男性用衣類もデザインやアイデアで話題になれば良いのに!…と思っていたところに本日女性用下着が話題となっておりましたので、バッチリ男性用下着を考えてみたのです。
…結果としてはご覧のとおり、やはり仮装系になってしまいまして―…アレでございますね、難しいものでございますね…!



なお4コマまんがのタイトル「インシネレート(Incinerate)」は「焼却」とか「火葬」といった意味の英単語でございます。
内容がほぼ「仮装」でしたので、「火葬」にしたうえで英語にする事で「タイトルでネタバレ」を防ごうとした感じでございます。苦肉の策!
|19:25| なにげない雰囲気 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 石垣りょう - -
<< | 2/197 | >>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.